困ったウィルスにはこう戦う!システムを守るということ

昨年、実家のパソコンがウィルスに感染!母から電話がかかってきたときは状況が飲み込めなくて困っちゃいました。私が独立したとき、そのまま実家においてきたPCは数年前に自分が使っていたときの状態のまま…つまり、一度も更新がされていなかったのです!
「とりあえずそのまま、使わないで!」とだけ伝えて、会社帰りに実家に直行。ほぼメールと写真整理だけの用途だったのが幸いし、4時間以上掛かったものの、マシンは無事復帰。消えたデータもあったようなのですが、母曰く「もともと何のデータか分からない」ということなので、もういいや!っと。とりあえず、最新のセキュリティソフトを入れなおし、自動更新を設定して帰ってきました。
帰宅後、いつもどおりPCを立上げたところ…メーラーの受信が止まりません。駆除する前に、実家のマシンから大量のウィルスメールが私宛に送られていた模様…。
しかし、そのすべてが、セキュリティソフトによって自動的に駆除されていて、およそ300件も送信されていたウィルスメールはすべて門前払いされていました。
自動的にゴミ箱送りになるメールを見ながら、セキュリティソフトさえ入れていれば、何も考えなくてもソフトが駆除してくれたのに…更新も忘れちゃダメだな、っと、教訓になった出来事でした。

WEBメールは、Gmail

私が使っているWEBメールは、Gmailです。愛用している方は私だけではなく、たくさんいらっしゃると思いますが、私なりの愛用の理由はまず、ドメイン名が短いのが魅力です。@gmail.comとすっきりしたドメインは、日本国内の他のWEBメールがxxx.ne.jpなどとセカンドレベルドメインを使うのに比してとても簡単ですし、Gmailという語も分かりやすくて便利です。
さらにGmailのアカウントを取得すると、Todoリストやカレンダーを利用できるのも大きな魅力です。実を言えば、メールアイテムというよりもカレンダーを使ったスケジュール管理用としての愛用度の方が高いかもしれません。
Gmailアカウントで利用できるカレンダーは、月間ブロックカレンダーの他にホリゾントタイプのバーティカルスタイルが選べます。これは一日を縦の時間軸で区切る様式で、時間毎のスケジュールを落とし込んで管理するのに向いています。
しかし手帳ではやや書き込みがしにくいことと、変更があった場合の対応がしにくいのが欠点です。
パソコン上のWEBデータを使えば、書き込む量も紙の手帳のようにスペースの制限を受けることもありませんし、変更や訂正があった場合でも簡単に書き換えることができます。
紙の手帳やスケジュール表のように、どこかに置き忘れたり紛失したりすることもないので、どこにいても、どこからでもスケジュール管理ができるという魅力があります。
もちろん、予定の時間には、Gmailアカウントにメールでお知らせまでしてくれるという至れり尽くせりの仕様です。
これが、私がGmailを愛用する理由です。